e2etop
e2e01

サービス問題発生時にどの地点が問題なのか把握しにくいです。

サービス問題発生時にどの地点が問題なのか把握するため、全てのサービス区間担当者が集まって
各ポイントソリューションをすべて分析しなければ問題の地点についての分析が可能時間が長くかかって複雑です。

サービス障害をあらかじめ備えることができません。

問題が起きた後、備えなければならないお客様からの信頼が低下することがあります。

お客様がサービス利用時感じる不便さを事前に把握できません。

お客様が感じる体感速度を事前にチェックして管理することができません。

e2e02

E2Eサービスパフォーマンス管理

  • 各区間別性能モニタリング時の特定の地点に対するサービス状況を一目で把握することができ、担当者に連絡して、即刻的な措置が可能にしなければなりません。
  • 運営サービスを一目で見ることができなければならず、各サービスの状態の把握が難しくてはいけません。
  • 統合ダッシュボードに応答速度などをチェックし、障害原因を明確に究明しなければなりません。
  • 全体のサービスの応答時間、区間所要時間、所要リソース監視で顧客の体感速度をチェックすることができなければなりません。
e2e03

エンキアソリューションの長所

  • プロセスの観点からの統合モニタリング
    • – サービスプロセスの全体の流れを具現 、一目で把握が可能です。
    • – 商取引プロセス、業務プロセス等と一緒に会社のプロセス、オーダーメイド型製作することが可能です。
    • – 統合して見せてくれるモニタリングに区間別、直観的な障害の把握が容易です。
  • サービス+ビジネス関連指標提供
    • – サービス中のウェブサイトの応答速度、機能のエラー、インフラ状態に対するサービス指標を提供します。
    • – サービスに障害による注文/決済率の急激な減少と同じビジネス指標提供して、原因把握後のトラブルに対応できるようにします。
    • – サービス、ビジネス指標を連携することによって、BIZサービスモニターリングが可能です。
    • – サービスだけでなく、ビジネスKPIも管理が可能です。
  • RIA基盤のダッシュボード提供
    • – RIA(Rich Internet Application)基盤の直観的なUI提供して管理が容易です。
    • – FLEXを利用した直観的なUIで使用者中心のモニタリングサービスを提供します。
    • – ダッシュボードの機能を提供(画面制御コントロールボックス)で効率的な管制を支援します。
    • – データ可視性を導出する様々なチャートを提供します。

皆様のE2Eサービスパフォーマンス管理問題と要求事項をNKIAソリューションを通じて簡単に解決してください。