統合管制及び運営自動化システムの構築

構築ソリューション

POLESTAR ITSM. POLESTAR Monitoring(サーバ). POLESTAR Cloud

事業内容

• 47の中央行政機関の情報資源の共同活用のための統合運営管理システム構築
• ITIL基盤のオペレーション業務プロセスを支援する運営業務支援システム構築
• 運営現況要約/詳細情報、お客様の声、サービス成果指標を支援するDigital Dashboardの構築
• 各入居機関別のサービスレベル管理のための標準サービスレベル管理体系に基づくサービスレベル管理システム構築
• 運営サーバーの状態をリアルタイムに管制できるサーバ管制システム構築
• 異機種の仮想化運営環境に最適化されたクラウド運営管理サービスの構築

導入効果

• 47の中央行政機関の情報資源の共同活用を通じて国家全体の情報予算30%削減を実現したものと推算されること
• 装備ごとに月平均エラー時間2004年67分から2011年0.7分に縮小
• センター構築前65%に過ぎなかった情報保護システム構築率が100%で完璧構築
• 統合運営管理体系(nTOPS)を通じて入居政府府省庁に対して高品質ITサービス提供していることが成功の秘訣に挙げられていること(手順化+標準化)

統合管制及び運営自動化システムの構築

構築ソリューション

POLESTAR Automation, POLESTAR Monitoring(サーバ、データベース、WAS)

事業内容

• LGグループの系列会社の5000台余りに対するシステム管理のための統合運営自動化システム構築
• サーバ/ネットワーク/ストレージ/仮想化に対する総合的な構成管理システム構築
• LG ITSMシステムとの連動のための構成連携インターフェース構築
• Infraの観点からの連携とサービスの視点の連携を通じて,EnterPrise Dependency Mappingの構築
• Windowsのアップデート管理システム構築
• システムレベルの構成変更管理システム構築

導入効果

• 構成情報の不明確な情報による障害が50%以上減少される
• 従来の外産製品の自動化システムの運営に比べ全体予算80%以上削減したものと評価される
• 障害発生時のシステム連携度とサービス連携度の即刻的な分析を通じて、障害対応およびエラー時間が50%以上削減される

ユーザ観点サービス品質測定および分析システム構築

構築ソリューション

POLESTAR TAMS, POLESTAR Monitoring(サーバ、ネットワーク、データベース、WAS)

事業内容

• サービスアプリケーション全体回答時間、区間の応答時間などを提供して障害防止、性能管理及び向上のための段階的方法論と区間別に原因を分析して解決するための性能管理統合ビュー提供
• プロセス中心の直観的な画面構成ではなく、障害連関性の把握が容易かつ迅速な障害処理が可能なBIZサービスモニタリング画面の提供(使用者業務に最適化された画面の提供)
• 運営サーバーの状態をリアルタイムに管制できるサーバ管制システム構築

導入効果

• 全体のサービスのリアルタイムの運営現況把握が可能になっており、リアルタイム障害認知および予測可能
• サービスアプリケーションの障害による業務中断時間最小化及び障害の拡散防止
• テスト生産性を改善して、問題の原因をリアルタイムでモニタリング
• アプリケーションの資源使用を使用を最適化することができる性能チューニングガイド提供
• サービスの運営において安定性と生産性の大幅に強化

Non-ITデバイスに対する統合管理システム構築

構築ソリューション

POLESTAR SOC Monitoring

事業内容

• 高速鉄道DWDM、STM64、STM16、STM4、DOTS、DCS、PMUXの伝送設備を向けた統合通信網管理システム(INMS)構築
• 高速鉄道交換、管制電話、旅客案内、電気時計、情報通信、電源、映像設備等の役務設備と無線網設備構成情報、イベント情報、受信連動や短文メッセージの無線端末送信連動のための統合通信網管理システム(TNMS)構築
• 一般鉄道、DWDM、STM64、STM16、STM4、DOTS、DCSの伝送設備を向けた統合通信網管理システム構築
• 統合通信網管理システムにEMSサーバの状態をリアルタイムに管制できるサーバ管制システムを統合構築
• 増設された設備について網構成図に運営者が直接登録ができるように開発された統合Dashboardの構築

導入効果

• 増設された設備について網構成図に運営者が直接登録ができるように構築されて増設構築時の費用を削減させて保守が容易さ。
• 100%Webベースに開発構築されて超高速鉄道通信網(DCN)に接続可能な使用者は、別途のインストールプログラムが必要なく、いつ、どこでも統合通信網管理システムにアクセスして統合管制が可能であること。

MSC(Media Solution Center)リアルタイムの
QOS(Quality of Service)監視システムのUI開発

構築ソリューション

POLESTAR Dashboard, SPLUNK 5.0

事業内容

• SPP(Samsung Push Platform)ユーザーの急増に伴うサービスの遅延と障害の即時の対処のために、リアルタイムのサービス品質の監視UIの開発と実施(Flex/ Mobile)
• QOS Metrics要件分析を提供
• Splunkを活用してSPPのデータ分析とデータ連動設計を提供

導入効果

• 主なサービスのイベントの発生時にダッシュボード上にアイコンを活用してアラームを発生し、視覚化で迅速なイベントの把握になりました。
• 各サービス別のユーザーと運営状況を収集と可視化ができました。
• CIS、欧州、中東、アフリカ、西南アジア、東南アジア、韓国、中国、日本、北米、中南米など11の地域での需要指標を地域別TopNで選別して、その国のサービスの現状を可視化しました。
• 3D Earthグラフィックを利用して、全世界のIDCセンターのGMT・タイムを視覚化しました。(8カ国、9つの都市)